テイクアウトが注目!コロナ自粛でも楽しめるコスパのいい飲食

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外食する機会が減っている。ランチでも個店の休業が相次ぎ、コスパのいい飲食というテーマで外食することが厳しくなる。

テイクアウトが注目!コロナ自粛でも楽しめるコスパのいい飲食

そのような緊急事態の中でも飲食を楽しむ方法があるはず。外食は自粛ムードだが新たにテイクアウトを始める店舗や、自らも自炊で料理するなど新しい発見がある。アイデア次第で飲食を楽しむ方法を探る。

今回ご紹介するテイクアウトはまだまだ情報が少ないので、個人的にコスパがいいと感じる店舗を紹介します。 テイクアウトはいろいろ試してみる余地がある新ジャンルかもしれません。

 

■ケンタッキー・フライド・チキン

ケンタッキー・フライド・チキンを創業したカーネル・サンダースのイラストが印象的。オリジナルチキンのレシピは厳重に管理されており、個人が完全再現は難しいとされる。

 

・お得なテイクアウトメニューは16時までのランチタイムなら「ランチF オリジナルチキンセット」700円(税込み)がお得。オリジナルチキン2本とポテト、ドリンクがついている。

https://prd-kfc.s3.amazonaws.com/img/menu/652_main.jpg

・さらに日にち限定だが、月に一度の28日を「28(にわ)とりの日」パックとして1000円(税込み)でオリジナルチキン4本とナゲット5個が入ったセットが買える。大量に放り込まれたパックはビールが進む。

https://prd-kfc.s3.amazonaws.com/img/menu/42_main.jpg

季節ごとに様々なメニューが出てくるため定期的にチェックするとお得なテイクアウトメニューが発見できる。

 

餃子の王将

以前にも紹介した餃子の王将はテイクアウトにも力を入れている。焼きたてのメニューがテイクアウトでき、店内の飲食と変わらない1食が楽しめる。1人前6個入り240円(税抜き)は店内飲食と変わらない。軽減税率の対象なので税金は2%安い。

https://www.ohsho.co.jp/epark-takeout/img/ohshoLpMenuImg_01.png

さらにコロナ対策として「お持ち帰り専用お子様弁当」を250 円(税抜き)で販売している。臨時休校を受けた家庭支援を含め5月6日までの措置としている。すでに延長があり緊急事態に合わせて実施している。内容は餃子2個、鶏の唐揚2個、シャウエッセンが2本とライスが入ったお弁当。これに何らかの野菜を加えればコンビニ弁当よりも納得のいくコスパを発揮するはず。

https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/03/images/200331ousyo1.jpg

このメニューは延長前のもの。 

もちろん社会貢献の意味合いが高いメニューのようでほとんど利益が出ていないのでしょう。保護者のテイクアウトも含めてのお弁当なのでこれで、お子様弁当だけで帰ってしまってはコスパのいい飲食というのには野暮なメニューです。

 

■丸健水産 (東京都北区・赤羽駅

そして最後はテイクアウトおでん。東京都北区の赤羽駅にある有名店。昼から行列が絶えない。コンビニでも十分おいしいが、どのちいきにも1件はあるだろうおでん屋は貴重な遺産だと思う。

チェーン店でないため汎用性がない店舗だが、これも自宅で楽しめるテイクアウトとして紹介します。日本伝統の「おでん」だが、1000円出せばおなかが膨れるぐらいのネタが食べられる。

熱々の絶品おでんがテイクアウトできる東京・赤羽の丸健水産

熱々の絶品おでんがテイクアウトできる東京・赤羽の丸健水産

目の前に並んだあったかおでんをその場で注文して食べられる。さらにこのお店のすごいところは角打ながらおでんと缶ビールやカップ酒を飲みながら立ち飲みができること。この立ち飲みで有名なお店だが、今回の記事はテイクアウトの趣旨に反するのでまた後日。

温められたおでんを目の前で選べる

温められたおでんを目の前で選べる

コンビニのおでんも安くていいが、ネタのうまみとお酒に合う感覚はまた違う。お酒にあうおでんという感じ。個人的におすすめは厚揚げ。食べ応えがある上にダシがしみててお酒が進む。

コロナ対策はかなり厳重に行っている。人気おでん屋の意地を感じる

コロナ対策はかなり厳重に行っている。人気おでん屋の意地を感じる

いまはコロナ対策を強化しているので、滞在時間や飲める本数が限られている。もちろんテイクアウトが前提であれば20分くらい並べば平日の夕方でも買える。

 

正直、飲食や旅行などの外出が制限される中、ブログのテーマは完全に崩壊。何を書いてもむなしいので、ここ最近は記事執筆が思うよう進みませんでした。

しかし、このコロナでも楽しめる飲食を守るためにも我々の楽しみを閉ざそうとするコロナに抗うコンテンツを知恵を絞って配信したいと思います。 お金をかけなくても考えることをやめなければ、いままでの行動に近い次の行動ができるかもしれません。

三密を避け、科学的に感染しない正しい範囲で行動すれば、制限された生活の中でも何らかの希望を見いだせるはず。人間は限定された環境下の中で知恵を絞り新しい発見を繰り返したはずなので(自分に言い聞かせるように)。

出先で重宝する実は作業ができるノマドスペースコスパのいい【ファストフード、ファミレス編】

カフェは待ち合わせや勉強、パソコンを広げて作業するには重宝するが、マクドナルドなどの「ファストフード」や、ガストといった「ファミレス」も有効な選択肢。少し時間をずらしてランチがてら利用すればコストを抑えながら作業もできる。出先で重宝するファストフードやファミレスをまとめてみました。

ノマドスペース/実は作業ができるコスパのいい【ファストフード、ファミレス編】

ファストフードやファミレスは全国展開しているため、店舗探しにも困らないことが多い。中にはミーティングルームを備えるブランドもあるため、店舗で作業や打ち合わせをすることも自然になっている。価格も非常に安いのであとはコスパと作業のしやすさとのバランスが重要になってくる。

 

■ファストフード系

https://www.mcdonalds.co.jp/company/content/dam/web/mcdonalds/company/fc/images/main07.jpg

マクドナルド

プレミアムローストコーヒーSサイズ:100円(税込)
概要:全国津々浦々、どこにでもあるのが特徴。さらに価格で言えばナンバーワンの安さ。店舗数も多く、迷ったらマクドナルドの安定感。アプリを使えばSサイズのコーヒーが120円などでMサイズにサイズアップできる。
設備:電源付き席あり、無料Wifiあり
注意:価格が安く誰でも利用しやすいとあって学生やファミリーなどで混雑している。都心の店舗は席の間隔もかなり窮屈ではある。落ち着いて作業できる店舗は限られている。

 

http://di7x3yh836phz.cloudfront.net/images/menu/normal/3d3b73de-3619-40ee-8049-ab54edd97c0d.png

バーガーキング
ブレンドコーヒーSサイズ:190円(税込)
概要:意外に安いというので高評価。バーガーキングといえばワッパーといったビッグサイズのハンバーガーのイメージがあるが、コーヒーだけだとかなり安い。
設備:電源付き席あり、キャリア系のWifiのみ
注意:かつてはロッテリアが運営するなど運営会社が結構替わっている。近年は店舗の閉鎖が相次いでおり、街中から減ったという印象も。店舗が周囲にないということもあるので注意。

 

■ファミレス系

https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/json/category/306.jpg

・ガスト
ドリンクバー(単品注文):399円(税抜き)
概要:食事がてらの利用ならドリンクバーもオプションで安くつけられる。都心のガストは仕切りがついた1人用の座席を多く設けており作業しやすい雰囲気もある。挽きたてのコーヒーが無限に飲める。少し驚いたのが全国の一部店舗で大人数で会議できるミーティングルームができる店舗がある。
設備:電源付き席あり、無料Wifiあり
注意:ランチの時間帯など混雑時は90分までの制限がある。時間帯の利用の仕方は重要。夕方以降は安さのせいか地域によっては学生が多くなり作業のしやすさは限界がある。

 

https://www.saizeriya.co.jp/selection/italia/images/oliveoil/popup03/ph03.jpg

サイゼリヤ
ドリンクバー(単品注文):280円(税込)
概要:こちらも食事がてらの利用ならドリンクバーもオプションで安くつけられる。ファミレスの中でも特に安いサイゼリアは利用しやすく、ドリンクバーだけでもカフェのコーヒー並みの価格。

設備:電源付き席なし、無料Wifiは基本なし(一部店舗除く)
注意:いくらドリンクバーとはいえ電源やWifiがなく長時間の作業には限界がある。都心の1人利用の場合、通される席は比較的狭いので作業の快適さにも限界がある。

 

【カフェまとめ】作業も快適/出先で重宝するコスパのいいカフェ、コーヒーチェーン、喫茶店

待ち合わせや勉強、パソコンを広げたりと街中や駐車場の広いカフェは重宝されるもの。ノマドワーカーや外回りの仕事、勉強したい学生などカフェを利用することは多いはず。安く気軽に目的を達成できるカフェをまとめ、頼れるコスパのいいカフェを比較してみた。 

【カフェまとめ】作業も快適/出先で重宝するコスパのいいカフェ、コーヒーチェーン

まずはコーヒー専門の店舗をおすすめ順でご紹介。コロナの問題で図書館も使えない時代。最後に頼るべきコーヒー店コスパの良い順に独断と偏見で選んでみました。

消費税が8%→10%に増税した関係もあり各社税の扱いが違うため以下、価格表記は税抜きの本体価格を原則に表記しました。

 

■コーヒー専門店、コヒーチェーン

https://www.starbucks.co.jp/company/images/img-company-kv.jpg

スターバックス

ドリップコーヒーShort(240ml):290円(税抜き)
概要:
言わずと知れたシアトル系カフェの定番。都心から地方まで全国をカバーする。少し落ち着いた雰囲気なので、パソコンを打つノマドワーカーなど自然に溶け込む雰囲気がある。打ち合わせにも便利。それなりの価格で、決して安いとは言い切れないのも事実。バランスが取れたカフェである。レシートを見せれば150円でお代わりできるワンモアコーヒーが使えるのはお得。
設備:

電源付き席あり、無料Wifiありで、その場で簡単に接続できる。
注意:

安くない割には人気なので常に席は埋まっているという印象。座れても実は窮屈なテーブル席ということもある。長居する人も多いので座席はあまり空いておらず少な目に見える。

 

https://www.jefb.co.jp/img/becks/img_concept_1_pc.jpg

BECK”S COFFEE SHOP
ブレンドコーヒーSサイズ::250円(税込み)

概要:

駅中でよく見かけるコーヒーショップ。JR東日本の子会社が運営しているのが要因。駅の改札を出なくとも駅中で時間がつぶせるという最大の特徴を持つ。

設備:

電源付き席あり、無料Wifiありのお店もあるが、基本的に駅中のため設備がない店舗も多い。

注意:

エキナカにあるお店のため利用しやすいが狭くて長居できない。あまり長時間利用してもらっては困る、という雰囲気。その代わり短時間利用なら機動力もあり乗り換えの隙間時間を有効に使えそう。価格はカフェの中では中から低価格帯。

 

https://www.doutor.co.jp/product/file/20110907153810.jpg

ドトール
ブレンドコーヒーSサイズ(150ml):204円(税抜き)

概要:

駅近く、繁華街に必ずとあると言っていいというほど見かける定番のコーヒー店。どこかの街でネット検索すれば必ずと言っていいほどヒットする。使い勝手は一番よい。値段もさることながら設備も充実する。

設備:

電源付き席あり、無料Wifiありで、その場で簡単に接続できる。

注意:

安さゆえの宿命だが、1人当たりのスペースには余裕がない。また快適に過ごすというよりも最低限の環境を整えたという感じなで安さと便利さはぴか一だが快適さは劣る。

 

https://chatnoir-company.com/veloce/kodawari/img/img04.jpg

カフェ・ベローチェ
ブレンドコーヒーレギュラー:210円(税込)

概要:

ドトールと並んで安さの象徴ともいえるコーヒーショップ。駅前というよりも駅から少しだけ離れた立地の安いところに出店している印象。そのため店舗のつくりにも少し余裕があるのかドトールに比べ広く感じる。

設備:

電源付き席あり、無料Wifiありで、その場で簡単に接続できる

注意:

バランスが取れた安さを誇るものの、キャッシュレスサービスが無かったりと個人的にはファミレスのサイゼリアのようにコスト削減のためなら余計な設備は入れないというメッセージが伝わってくる。電源席もあまりない印象。

 

f:id:beerblog:20200328164239j:plain

サンマルク

レギュラー:200円(税抜き)

概要:

駅中でよく見かけるコーヒー店。長居することも不自然でないが、パンなど食事をする場所という印象が強い。レジ前では行列を作り好きなパンを選んでコーヒーも、という人たちが多い。店内の雰囲気は落ち着いた感じで安っぽい印象は全くない。

設備:

電源付き席あり、キャリア系のWifiのみ

注意:

街中でもよく見かけるし、値段もトップクラスに安い。にもかかわらず、個人的にあまり利用してなかったというのが感想。おそらく食事をする人が多いためか席に座るまで行列で待たされるという印象があるため、急いでカフェに駆け込む選択肢に残ろなかったのかもしれない。

 

https://www.komeda.co.jp/attraction/images/img_01.jpg

コメダ珈琲
コメダブレンド:430円(税込)~

概要:

創業から50年以上になる老舗。コーヒーを頼めばパンとゆで卵、または卵ペースト、小倉あんがついてくるモーニングサービスがセットになる名古屋発祥らしい喫茶店。新聞も読め、座席も広い。駅前というよりも徒歩で行けるが駐車場がある立地が特徴。安くないが広く落ち着いており、長時間集中するには申し分ない店舗。

設備:

電源付き席あり、無料Wifiあり。

注意:

居座れる分若干高い印象。また駅前で見かけない印象があり都心よりもやや郊外に立地する。街中の打ち合わせに使う感じではなく、少し時間をかけて作業する場所にはもってこいなのかもしれない。

 

https://www.ginza-renoir.co.jp/images/business/renoir.png

・喫茶室ルノワール
ブレンド:500~600円(店舗により価格が変わる)

概要:

都心の駅前にどこにでもある印象。少し老舗感は漂うが昔ながらのコーヒー店でかつ、打ち合わせなど長居することも自然な感じの喫茶店。設備も充実し都心のビジネスニーズに応えることを宣言している。

設備:

電源付き席あり、無料Wifiあり。驚くべき施設として「貸会議室」もある店舗があり、ビジネスシーンでの利用を意識した店舗運営になっている。この貸会議室だがウェブ事前で1時間(最小2時間)で10人程度1250円+人数分の飲み物代という悪くない価格帯。かなり店舗いよって価格帯や条件が違う。

注意:

利用料金は決して安くない。個人利用で短時間の場合はコスパは悪い。しかしながら都心のビジネスシーンに応えられるカフェとしては重宝できそう。

【餃子の王将】品数豊富な「ジャストサイズメニュー」のコスパが秀逸

新型コロナウイルスの影響で旅行やイベント、外食も自粛ムード。外出する人が減り、「ひと、もの、かね」が停滞する中、せめて日々食べる食事を楽しい息抜きにしたい。

餃子の王将】品数豊富な「ジャストサイズメニュー」のコスパが秀逸

今回コスパのいい飲食店としてご紹介するのは街の中華料理の定番「餃子の王将」。利用する駅周辺には必ずあるといっていいほど、定番のお店だ。

f:id:beerblog:20200321134556j:image

餃子一皿6個入りで240円(消費税抜き)と背伸びをしていない手頃な値段。

油淋鶏は鶏肉の味がしっかり味わえる

油淋鶏は鶏肉の味がしっかり味わえる

餃子が名物なのはもとより、個人的には小皿料理が充実しているので、この辺にスポットを当てて紹介したい。

 

餃子の王将とは? 

中華料理の大手チェーン店。全国各地に700店舗以上を構え年々売上高も増加し成長している。京都府京都市が本社の関西企業。

この看板ロゴを見れば誰でも一度はどこかで見た気がするはず。

街中に溶け込むおなじみの餃子の王将の看板

街中に溶け込むおなじみの餃子の王将の看板

https://www.ohsho.co.jp/common/img/header_logo01.png 

餃子の王将の店舗一覧やお得なクーポン情報 | ホットペッパーグルメ

チェーン店だが厨房で調理しているため出来立ての味が楽しめる。カンター越しに従業員がせっせっせっせと調理する様子がうかがえる。

さらに店員は料理の味を高めるため会社が開催する「王将調理道場」を受講し、自身の調理スキルをトレーニングしている。レシピの見直しや料理のブラッシュアップに努め2018年から現在までに2000人近くが受講した。厳しい競争が繰り広げられる外食産業の中で前年よりも売上高が伸びている。

2人前餃子が入った餃子定食。食べ応えがある

2人前餃子が入った餃子定食。食べ応えがある

最近ではスーパーでもお店の味が気軽に楽しめる冷凍餃子を簡単に買うことができる。

…と思ったらスーパーでよく見かけるのは別チェーンの「大阪王将」の冷凍餃子。

アマゾンの商品画像を探しても検索でヒットするのはなぜか大阪王将しかない。大阪王将の紹介は後程します。

餃子の王将の公式の販売サイトを見てみるが、なぜかラーメンセットしかなく餃子の通販をそもそも行っていない様子。

 

餃子の王将の雰囲気 

f:id:beerblog:20200321134919j:image

実際に利用すると分かるが餃子の王将は気軽に入れる街の中華料理という感じで何も気を使わなくていい。

都心の店舗を利用することが多いので、カウンターなど少し狭いのが難点。サクッと食べて帰るというのが通常。

夜の店舗はお酒を扱っていることもあり安く飲める中華居酒屋といった様子で、例えば新橋駅近くの店舗は常に満員だ。食事をしながら安く飲みたいサラリーマンが多く集まる。

味は本格的。麻婆豆腐にはスープがつく

味は本格的。麻婆豆腐にはスープがつく

当然、中華の定食と言えば主菜にご飯、スープをつけるのが定番。主菜は麻婆豆腐や回鍋肉、エビチリなどひととおり揃っている。ご飯の代わりにチャーハン、スープの代わりに小ラーメンを頼むめばボリューム満点になる。 炭水化物×炭水化物は太りやすそうだが…

個人的にダイエット中なので普段から毎回の食事メニューには苦労している。炭水化物を控えているためライスをあまり食べない。そうするとかずが多い品数豊富なメニューが揃うお店を探してしまう。

 

■個人的におすすめな「ジャストサイズメニュー」

餃子の王将にはジャストサイズメニューという、少量の小皿を安く頼めるメニューがある。餃子6個一人前に対し、半分の3個でジャストサイズが頼める。

上級者はこれにお酒を頼み居酒屋代わりにできるのでしょうが、私は通常の利用はランチが多いため食事のことだけを考え注文します。

ジャストサイズで頼めば餃子も3個。いろいろな種類のメニューがお試しで食べられる

ジャストサイズで頼めば餃子も3個。いろいろな種類のメニューがお試しで食べられる

以下、このひ私が頼んだジャストサイズメニューの一覧と消費税込み価格です。

・ジャストサイズ餃子は1皿3個で143円

・ジャストサイズスープは1杯で110円

・ジャストサイズ麻婆豆腐は1皿304円

・ジャストサイズ油淋鶏は1皿346円

合計903円。

個人的に品数豊富な商品が食べられるのは魅力。山盛りのチャーハンや大盛のラーメンを食べるのも捨てがたいが、たくさんの種類を品数豊富に食べられるのがうれしい。

餃子の王将の店舗一覧やお得なクーポン情報 | ホットペッパーグルメ

もちろんビールをつければいいおつまみにもなる。 

これだけの種類を他店で注文すると1000円以内では収まらない。

メニューを見ても相当な品数がそこそこの値段で食べられる

メニューを見ても相当な品数がそこそこの値段で食べられる

■似た中華チェーンの「大阪王将」と違うの?

餃子の王将」と似たブランドとして先ほど冷凍餃子で紹介した「大阪王将」がある。この両社は全くの別物である。

全くの別物と言い切ると少し語弊があるが、もともとは餃子の王将を運営していた王将フードサービスの創業一族の親類が独立し、「餃子の王将」として同じ店名のチェーン展開したことがいろいろと問題となり、訴訟の末、イートアンドが運営する「大阪王将」に落ち着いたというもの。

大阪王将は冷凍食品など積極的に商品展開しておりアマゾンでも気軽に商品が買える。

この商品展開は驚異の成長をみせている。大阪王将は自社工場で冷凍食品展開を強化しており、グループの売上高の半分を占める。

その一方で餃子の王将はあまり積極的に冷凍食品の通販展開をしておらず、運営の違いがみられる。かつては店舗で餃子を包んでいたほどで、 餃子の王将は実店舗でしか餃子を食べられず、大阪王将はスーパーなど冷凍餃子としてより身近に楽しめるようになった。

店舗でしか食べられない味。家庭でも気軽に食べられ味。似て非なる両社の経営スタイルがあるが、便利に気軽に餃子が食べられるのはうれしい。

2020年シーズンのスキー滑り納め/北海道・キロロは暖冬とコロナの影響も

今シーズン3回目のスキーツアー。今回は日本有数の積雪量を誇る北海道キロロを訪問した。今回も2泊3日の弾丸ツアーを決行。今シーズン最後となるスキーとなり、滑り納めとなった。

2020年シーズンのスキー滑り納め/北海道・キロロは暖冬とコロナの影響も

北海道は2回目となるが暖冬の影響でさすがの北海道でもコンディションの低下は否めなかった。暖冬や新型コロナウイルスの心配がある中、対策を施し無事帰還することができた。

前日までの寒波で訪問初日の積雪は十分だった

前日までの寒波で訪問初日の積雪は十分だった

■北海道のキロロとは

キロロは北海道の道東、道央の余市周辺に位置する。北海道小樽市にも近く札幌市から車で60分とアクセスがいい。また新千歳空港からスキーバスで120分と利用しやすい距離にある。

キロロリゾートとしてスキー場のキロロスノーワールド、レストランなどの設備が整うマウンテンセンター、シェラトン北海道キロロリゾート、キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道で構成される。

580㎝を記録した年もキロロであった

580㎝を記録した年もキロロであった

日本海側に面しているため降雪量も多く、私が訪問した時は積雪量は300㎝。過去の記録では2005-06年に記録した580㎝がある。山頂には記念のプレートが設置されている。

 

■キロロスノーワールドの実力

スキー場の規模としては中程度の部類。2泊3日あれば十分滑れる大きさだ。

スキー場の構成は朝里、余市、長嶺の3エリア。リフトは9基でコース数23を有する。

距離にして約4㎞のロングコースとなる「朝里ダイナミックコース」が山麓から変化に富んだ斜面を楽しむことができる。

ニセコやルスツのような規模感ではないが雪は豊富。  

https://www.kiroro.co.jp/wp-content/uploads/2019/08/%E3%82%B1%E3%82%99%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%99%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%9A_190805_ja.jpg

 

中央に位置するマウンテンセンターを起点にリフトやゴンドラを乗り継げば15-20分程度の時間でどの山の山頂も目指せる。

ゲレンデはコンパクトだが利用しやすい設計になっている。

 

■実際のゲレンデコンディションは

積雪300㎝とあって積雪量は十分だった。

前日まで寒波が押し寄せ、ゲレンデの雪も滑りやすい。3月のため完全なパウダースノーとは言えないのだが、いい雪質だった。

非圧雪のコースも充実。踏み荒らされていない場所はパウダースノーが残る

非圧雪のコースも充実。踏み荒らされていない場所はパウダースノーが残る

しかし3月の2週目は天気予報にもあった通り、異常な高温状態にあり、日に日に雪が溶けるなど厳しい状態に。

公式にはパウダースノーと雪の状態が発表されていたがその日の午後には雪がシャーベット状態になっているのがほとんどだった。

最終日まで一日も雪が降らなかったため、ゲレンデコンディションはさらに厳しい状態に。もちろんコースの8割程度は北海道らしい雪質だが、初級コースなどなだらかになった麓付近は、スピードがほとんど出せない状態になるなどシーズンの終わりを感じさせるコンディションだった。

今度は1、2月のハイシーズンに訪れたい。

 

■朝里エリア

標高1180mで、キロロで最も標高が高いゲレンデ。全長4㎞のロングコースもここから。 麓からゴンドラでちょうど15分で山頂に行け中級初級コースをつたって眺めの良いコースが楽しめる。

キロロの特徴はコース数は少ないものの、1コースあたりが長いのが特徴。

初級から非圧雪のエキスパートコースまで朝里エリアがキロロ最大のエリア

初級から非圧雪のエキスパートコースまで朝里エリアがキロロ最大のエリア

余市エリア

キロロで最初に訪れるエリア。初級と中級がほとんどで一部非圧雪の上級もあるが難易度は低め。ここも1コース当たり長いので、キロロの特徴を最初に体験するにはふさわしい場所。

そして楽しいのが「キロロバンクドパーク」。カーブやジャンプ台、パイプがあるバンクドコースが気軽に楽しめる。スキーでもいままで体験したことのない滑走が楽しめる。

キロロバンクドパークではアクロバティックな滑りが楽しめる

キロロバンクドパークではアクロバティックな滑りが楽しめる

初心者もスピードをコントロールすればアクロバティックな雰囲気が味わえる。 

 

長峰エリア 

日本有数の積雪量を誇るキロロ。パウダースノーは場所によって健在

日本有数の積雪量を誇るキロロ。パウダースノーは場所によって健在

非圧雪の上級コース1本と中コース2本のシンプルな構成。ゲレンデに人は少なく上達するにはもってこいのコース。雪質は個人的に最も良いのではないかと感じた。10分でリフトで山頂に上がり、5分でおりるということをひたすら繰り返した。

上級コースは非圧雪で1100mのコース。コブが永遠と連なる。

 

新型コロナウイルスの影響は? 

事前に電話確認した通り、スキー場やホテルの営業は通常通りだった。

初日はゴンドラやリフトもフル稼働でレストランなど休憩施設もすべて解放されていた。

ただ、新型コロナの影響で利用者は少ない。北海道では外出を控えていることもあるため当然といえば当然だが。

各所に消毒用アルコールを配置するなど感染症対策もされており、人が少ない分濃厚接触も避けられる。共用スペースの消毒を強化している。

また密室になりがちな6人乗りゴンドラは一部事例を除いて1グループにつき1ゴンドラの乗車となっている。不特定多数の接触を事前に回避する措置が取られている。

都内の満員電車に乗るよりお安全性は高そうだ 。

ただ寂しいのはホテルの中にあるスキーレンタルやリフト券を交換する場所は、日曜日を終えると突然閉鎖されかたずけを始めていたこと。

ホテルの一角では早めに今シーズンのサービスを終了したところもある

ホテルの一角では早めに今シーズンのサービスを終了したところもある

さらにスキー場とホテルをつなぐ新設したゴンドラも営業が終わり、バス移動になってしまった。シーズンの終了を待たずして営業が少しずつ早めに巣不良してしまうところにコロナの影響が感じられる。

今シーズンオープンしたばかりのコンドミニアムやホテルとスキー場をつなぐゴンドラが少し寂しい…

今シーズンオープンしたばかりのコンドミニアムやホテルとスキー場をつなぐゴンドラが少し寂しい…

■今シーズンはスキー終了

今シーズンは暖冬やコロナなど不測の事態に備えることが多く厳しシーズンだったがけがや病気もなく無事過ごすことができた。

スキーをするベストコンディションが次シーズンに戻ってくることを祈りたい

スキーをするベストコンディションが次シーズンに戻ってくることを祈りたい

次のスキーシーズンまでおよそ9か月後だが、このブログでは定期的に過去のスキー情報や旅行、ホテルの情報を配信していきます。書ききれなかった情報もあります。

よろしくお願いいたします。 

新型コロナを受けた旅行会社の対応は?スキーなど旅行ツアーのキャンセルについて

新型コロナウイルスの影響を受けて国内外でさまざまな影響が出ている。特にこのブログではスキーや旅行、飲食などをテーマにしているため大きく関わる問題だ。

新型コロナを受けた旅行会社の対応は?スキーなど旅行ツアーのキャンセルについて

新型コロナウイルスの影響で社会がパニックを起こしつつある

新型コロナウイルスの影響で社会がパニックを起こしつつある

旅行の基本対応となるツアーのキャンセルについて情報をまとめてみた。3月に行く北海道キロロのスキーツアーの情報を交え、次の対応を想定して行動したい。

新型コロナウイルスを受けて旅行会社の窓口の状況

報道・ニュース、政府、行政の発表により、日に日に渡航注意や外出制限、イベントの開催など社会的な影響が広がり始めている。

旅行会社には問い合わせが殺到していてなかなか連絡がつかない状況が続く

旅行会社には問い合わせが殺到していてなかなか連絡がつかない状況が続く

既に申し込んでしまたったツアーが実施されるのかどうかを含めてどうなるのか旅行会社に問い合わせが殺到している。私が申し込んだ「ビッグホリデー」も同様で、なかなか情報を取得しにくい状況が続く。

ウェブサイトに掲載された「【新型コロナウイルス感染症における影響について】」には…

各種問合せが多く、電話が大変つながりにくくなっております。 またメール等のお問い合わせも同様に多数いただいており、普段よりもご回答までにお時間を頂戴しております。

 ウェブサイトのアクセスも重い状態が続き、混乱の様子が伺える。

 

新型コロナウイルスの広がりによる旅行会社の対応は

新型コロナウイルスの影響を受けたキャンセルなどの対応は条件によって対応が分かれている

新型コロナウイルスの影響を受けたキャンセルなどの対応は条件によって対応が分かれている

新型コロナウイルスの広がりを受けて旅行会社の対応は大きくわけて3つある。

 ①実施予定のツアーの中止する

 ②旅行会社でツアーを中止しないが、申込者本人にキャンセルの判断を委ねる

 ③通常通りツアーを実施し、申込時の規定に沿ったキャンセル料が発生する

 

バスツアーと飛行機を伴う北海道ツアーでは扱いが異なる。

3月上旬時点でバスツアーの場合だと現時点でキャンセルは③の扱いとなる。特にコロナウイルスの発生が限定的な本州間のバスツアーでは、通常通りの催行予定しているケースが多い。

 

ビッグホリデーのサイトに掲載されたお知らせによると…

現時点では、通常通り旅行の催行を予定しており、新型コロナウイルス関連肺炎の発生の影響をご懸念されての取消の場合は、取消手数料免除は承ることができません。

としている。乗務員も含めて健康状態を管理し安全な運行を実施できているためのようだ。ただスキー場が営業中止になった場合は催行中止となり、旅行代金も全額返金となる。

バス旅行は継続して実施しているようだ

バス旅行は継続して実施しているようだ

北海道ツアー、北海道旅行に関しては別な対応を取っている。

②旅行会社でツアーを中止しないが、申込者本人にキャンセルの判断を委ねる

となる。 

3月3日の発表では、通常通りの催行を実施し、以下の条件に当ては待つ場合、取り消し料金が免除されるかたちでキャンセル対応に応じている。

 対象コース:航空利用商品
 対象期間:2月28日(金)〜3月12日(木)搭乗分
 ※2/28(金)15:00以降の受付より
 対象路線:全路線

航空機扱いの場合は影響が大きいのか、バスツアーとの違い、線引きは分からないが北海道の場合、概ね自己申告でキャンセル料を取られずに対応できる。

 

さらに参考までに記載すると、海外旅行の場合渡航が禁止されるまたは日本人が入国を規制される国も出ているため①実施予定のツアーの中止する、という対応がでている。国内よりも移動の自由が制限されていることが多い。

 

■スキー場の対応も気になる 

この年末に初めて行った新潟県の神立スノーリゾートは「新型コロナウイルス等の感染予防に関するご案内」として2月28日時点の対応をウェブサイトに掲示している。

新潟県越後湯沢で新型コロナウイルスの発症報告がされていないことを強調している。営業は続くが、発症事例が報告された場合にどうなるかわからない気もする。

スキー場では感染予防のため、消毒液を各ゲレンデに設置して感染予防策を強調。利用者にも消毒液の利用や手洗い、咳エチケットとしてマスク等の利用を促している。

さらに仮眠施設のある温泉施設の利用は発熱者の入場を制限している。

発熱者の入場制限など各施設が未然防止に向けて対応する

発熱者の入場制限など各施設が未然防止に向けて対応する

一般的にスキー場での感染が確認されれば、施設を全面的に営業中止にして消毒など対応する可能性は高い。

キロロスノーワールドの場合、3月上旬現在、これまで通り通常通り営業しており、来場者は例年よりかなり少ないようだが、ゴンドラなど消毒して対応するなど感染予防の対策は進められている。

スキー場のゲレンデそのものは屋外なので感染のリスクは低い。あるとすれば6人が同時に乗るゴンドラやレストラン、移動用のバスなどで機おつけたい。

3月のスキーは?気象庁1か月予報を読み解く/新型コロナで北海道が緊急事態宣言/新潟、長野の天気は?

2020年の今シーズンにもうワントライということで北海道に2回目の訪問を予定している。

ニセコでは上質のパウダースノーが体験できたが、今度は北海道で有数の積雪量を誇るキロロに行く予定だ。

しかし今シーズンは暖冬による質の悪化が心配。それに加え新型肺炎コロナウイルスの影響が気になる。

3月のスキーは?気象庁1か月予報を読み解く/新型コロナで北海道が緊急事態宣言/新潟、長野の天気は?

この記事を書いている矢先、北海道が新型コロナウイルスの影響を受けて「緊急事態宣言」を発表した。

 =====     降水確率は多いが40%、平年並みまたは少ないがそれぞれ30%ずつ。  降水確率で見ると深刻すぎるというわけではないが降雪量でみると少ない70%、平年並み20%、多い10%と期待が薄い。  雨は降っても雪は少ないということなのか。     一瞬自分の目を疑ってしまった。か、サイトが更新されていない、またはエラーなのかと思った。  でも現実は非常に深刻で紫色の表示は例年よりも暖かいという予測が70%以上という驚異的な事実。  もはやまともな雪が残っていればという限りだ。      

年末の新潟は暖冬の影響で厳しいコンディションだった。新型コロナがさらに観光業に追い打ちをかける

事態は深刻のようで、2月29日現在で分かっている情報を整理してみた。

3月のスキーツアーの雲行きが徐々に怪しくなるなか、冷静に事態を分析し、どのようなリスクが潜んでいるか検討します。

 

■北海道が出した緊急事態宣言とは?

北海道の鈴木知事が新型コロナウイルスの対策会議で「緊急事態宣言」を発表した。

道民に対し、この週末に不要不急の外出をを控えるよう要請した。

国内で感染事例が報告されている飲食店やスポーツジムなど接触の可能性がある可能性を避けるよう想定している。

この緊急事態宣言は3月19日まで。

北海道が発表した緊急事態宣言

北海道が発表した緊急事態宣言

現時点でこの宣言の情報が把握仕切れていないが強制力があるものではなさそうだが、事態を収束させるための決断をしたようだ。

当然大きな決断なので北海道民からは賛否の声があがっている。

本記事では宣言の良し悪しを述べるのではなく、計画しているスキーが無事に遂行できるのかを確認する情報整理に特化したい。

 

■スキーのツアー会社の対応は?

残念ながら旅行を頼んだツアー会社の営業窓口が時間外になっているため電話での問い合わせができなかった。

ツアー会社もこの事態を確認中だと思うが、飛行機が飛ばないことやスキーバスが走らない、ホテルが閉鎖、スキー場が閉鎖という事態に自体になれば中止せざるを得ないだろう。

どこかの行程が滞ればツアーはできない。

翌朝も問い合わせるが話し中が続きいまだに確認が取れていない。

ツアーの問い合わせ窓口も混みあっている

ツアーの問い合わせ窓口も混みあっている

■29日の昼時点で確認できたこと

宿泊予定のホテルやスキー場に電話で確認した。

緊急事態宣言の発表直後とあって電話もなかなかつながらない

緊急事態宣言の発表直後とあって電話もなかなかつながらない

・宿泊先のホテル

 2月29日の営業は通常通り。今後、閉鎖されるなどの計画は不明。今後の事態の状況によってはどうなるか分からない部分もあるが、今のところ休業するといったことはないという。

・キロロスノーワールド

 2月29日以降の営業は通常通りの予定。こちらも今後の事態の状況によってはどうなるか分からない部分もあるが、今のところ休業するといったことはないという。

 

かつてこのような経験が無いため誰もが判断できないようだ。足元の営業は続けるが、事態は刻一刻と変わりそう。

緊急事態宣言を受けて北海道内のファミレスや飲食店、百貨店など店舗の臨時休業が広がっている。

今後の事態の変化に備え情報収集をこまめにする予定です。

 

■全国の平均気温と降水確率は?

そして天気予報はどうなっているのか。

まずは気象庁が2月27日に発表した向こう1カ月(2月29日~3月 28日)見通しにある平均気温から。

気象庁 Japan Meteorological Agency

以下の気象庁発表の全国の平均気温マップからをみると… 

全部同じ色??

https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/imgs/1/temp/temp-00.png

衝撃の事実…

北日本、東日本、西日本がいずれも80%の確率で平均気温が高いと予想する。

寒気が南下しにくく温かい空気に覆われやすいとある。

特に3月の前半は”かなり”高くなるとの見込みだ。

異常な事態。これほどの予想を見るのも珍しい。

 

北日本日本海側という少し広いくくりでみると降水確率は寒気の影響を受けにくいことから、平均並か少ないとそれぞれ40%の確率で予想する。

そして降雪量の予想は少ない60%、平年並み30%、多い10%となっている。

  

■北海道を中心とした北日本の降水確率と降雪量

さらに北海道の詳細な予測を確認するため札幌管区気象台の発表を見るとさらに厳しい予測が…

 

▽3月の1カ月通しての予想では

ニセコやキロロのある北海道日本海側「北海道地方日本海側」というくくりでみると降雪量は少ないとする確率が60%と雪が少ない予想。

  

▽週ごとの予想を北海道地方全体でみると

・3月1週目(2月29日~6日)の予想

 平年並み50%、高い30%

晴れるが低気圧や寒気の影響もあり雪や雨の降る日は多いようだ。

 

・3月2週目(7日~13日)の予想

 平年並み10%、高い80%

残念ながら2週目は”かなり”気温が高くなるという見込みという。特に注意を要するようだ。冬型の気圧配置が弱く、この時期としては異常な気温上昇の可能性がある。

雪が溶けないで欲しい。

 

・3月3週目(14日~20日)の予想

 平年並み30%、高い60%

・3月4週目(21日~27日)の予想

 平年並み30%、高い60%

 

3月の後半は冬型の気圧配置は平年より弱い見込みで、気温が高めという予報に変わりないが2週目ほど明確な予報ではないようだ。若干気温が高温から平年並みに近づくという印象。

 

■東北地方の天気予報

3月の前半は気温がかなり高いとの予想。1、2週目は高いが80%で3、4週目は高いが60%と若干だが平年並みに近づく。

スキー場の多い東北日本海側でみるとこの1カ月は、気温が高い確率が80%。降雪量に関しては少ない70%、平年並み20%、多い10%と少ないようだ。

気温が高く降雪量が少ないとなると、スキー場の雪質はかなり厳しめの予想になる。

 

新潟県など含めた北陸地方の天気予報

こちらも3月の前半は気温がかなり高いとの予想。1週目は高いが60%だが、2週目に入ると北海道、東北と同様に高い80%と平均気温が上昇する。3、4週目は若干落ち着き他会派60%の洋だ。

気になる降雪量は少ない70%、平年並み20%、多い10%と少ない。

 

■天気と新型コロナの影響・見通しは読めない

個人的には気温が高まる3月の2週目に北海道のキロロに行くことから、かなり厳しいゲレンデコンディションが予想され肩を落としている...

2月29日時点のキロロのスキー場「キロロスノーワールド」は前日比+10㎝の310㎝でパウダースノー。非常にいいゲレンデコンディションをキープしているのだが。

https://www.kiroro.co.jp/wp-content/uploads/2019/08/vh.jpg

新型コロナウイルスの影響もあり、北海道をはじめ全国で自粛ムードが続くため、そもそもスキー場の営業予定通り続くのか?という疑問もわいてくる。電話で確認した限り、営業は通常通りという言葉を信じて自分の健康管理をしっかりしていきたい。

それでもレジャーの自粛の必要性が出てくると暖冬に追い打ちをかけるように各地の観光業が大きなにダメージを受けてしまう。

2018年に北海道胆振東部地震があった際、復興割りとして観光地を支援する取り組みが行われた。当然、利用者も安く観光できたわけだが、今回はそれ以上に尾を引く影響を考えると、より支援の必要が出てくる。

 

さらにネット上ではニュースブログの日刊サイゾーが「神田うのさんがスキー画像をアップしたことによる批判殺到」という記事を2月28日に掲載し、話題になっている。通常営業しているスキー場に行っただけなのにSNS上で批判の対象となるこの状況をみると一部の国民が冷静さを失っている気がする。しかしながら神田さんを擁護する意見も多いようだ。

 

ウイルスはもとより風評、デマ、煽り、自粛、萎縮、不安などいった見えない脅威に立ち向かわなければならない。まずは自己管理の徹底から。